二通りあるフリーランスの仕事の行い方

フリーランスをしていくことで担っていける職種は多数あり、その選び方と事業を行っていく方法には様々なものがあります。しかし、大きく分ければ二つに分類することが可能であり、企業からの依頼を請け負って仕事をすることにより報酬を得ていくものと、商品やサービスを一般の人に提供することによって売上げを得ていくというものです。いずれの場合においても商品やサービスを提供するという点では共通するものの、実際の仕事の行われ方には大きなギャップがあります。仕事の請け負いをする業種の場合には、まず求人募集を探してそれに応募し、面談を経て契約を結ぶということが請け負いの始まりになります。そして、その仕事を依頼された通りに遂行することによって収入が得られます。

一方、自分から商品やサービスを提供する場合にはいわば自分が募集をかける側になります。宣伝広告を行うことによって一般の人たちの目を引き、認知度と人気を高めていくことによって商品の購入やサービスを利用する顧客を募っていくということがビジネスになります。顧客の獲得の仕方の違いがあるのです。これは担っていく職種が活躍している業界が売り手市場であるか買い手市場であるかということの影響を大きく受けます。エンジニアのように売り手市場では仕事の募集が多くて請け負いが可能であり、飲食店業のように買い手市場となっている業界では顧客の獲得競争に乗り出さなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です